若手社員の社員研修の目的とは!?

ビジネススキルを体系的に身につける

若手社員はベテラン社員と比べると業務に対する経験や知識は乏しいことが当たり前です。しかし、これは悪いことではありません。ベテラン社員は、これまでの経験にこだわり過ぎ新たな知識の習得や変化に対応することが難しいかもしれませんが、逆に若手社員の場合はこれまでの経験や知識にこだわることなくニュートラルな状態でスキルを吸収することができます。

そのため若手社員に向けての研修は、専門的な知識の習得よりも一般的な知識を体系的に学ぶことが大切です。その研修を通して社内の若手社員のベースアップを図ることが可能となります。
さらに、広く体系的なスキルを身につけた後は、実際にさまざまな業務を担当するなかで、社員自身の強みや潜在的能力を発見し、今後の業務配置や社員のキャリアアップ形成に繋げることができます。

会社の文化を浸透させる

若手社員に行う研修内容は一般的なビジネススキルだけでなく、その会社特有の文化を理解させる研修も必要です。会社特有の文化を理解するというのは、例えば会社の歴史、会社の理念などを学び会社自身のことを知るということです。そういった会社の文化を深く理解することで、若手社員の会社に対する想いが強くなり、その会社の一員であるという意識から帰属感が生まれます。帰属感が強まれば、会社に対する貢献意欲やモチベーションが高まり、社員の退職を抑制する効果が期待できます。


さらに、社員ひとりひとりの帰属感が強まれば組織力の強化につながっていきます。強固な組織力が形成されてゆけば、それはその会社の大きな強みとなり他社に負けない競争力となるのです。