中堅社員の社員研修はどんな目的があるのか?

中堅社員の社員研修がなぜ求められるのか

社員研修といえば新入社員や若手社員が行うようなイメージがありますが、最近では中堅社員を対象として社員研修が求められています。なぜ、中堅社員の研修が求められているのかというと、中堅社員には会社の主力として最前線で中核社員として働くだけでなく新入社員や若手社員のリーダーとなることが求められているからです。
特に最近ではクラッシャー上司と呼ばれる平社員時代は非常に優秀だったのに、部下を任せる立場になると途端に部下を次々ダメにしてしまう社員が問題となっています。この問題を放置するとブラック企業と社会から認知されて会社のイメージダウンにもつながってしまいます。
このような問題を防ぐという観点から、中堅社員を対象とした社員研修が現在注目を集めています。

中堅社員向けの社員研修の種類

中堅社員といっても会社によっては20代後半から50代まで非常に層が幅広く、課題が非常に多岐にわたります。そのため中堅社員の社員研修は非常にバラエティ豊かです。
具体的な例を挙げると中堅社員として会社の中核を担う自覚を持ってもらうための基本的な研修や、後輩や新入社員にどのようにコミュニケーションを行うのか学ぶ研修、自ら主体的に考え行動する方法を学ぶ研修、仕事の幅を広げるビジネススキルを学ぶ研修などがあります。さらに中堅社員向け社員研修と並行して中堅社員の能力を査定する適正検査も存在します。
どの研修も目的が大きく異なっているので現在会社の中堅社員が抱えている問題やどのような社員を育てていきたいのか把握して社員研修を選んでいる企業が多いようです。