社員研修の形態

社員研修の形態はさまざまなスタイルがあります。どんな形態が自社の社員研修に合うのかと、迷っている担当者の方も多いことでしょう。ここでは、研修効果を上げられるように、それぞれの主な形態の特徴について説明します。

講義型の社員研修

グループワーク型の社員研修

ロールプレイング型の社員研修

>

新人研修がしっかりした会社なら未経験者でも安心!

管理職の社員研修はどのような目的を掲げればよいのか?

高いレベルの知識や技術を身に付けてもらう

入社してから一定の年数が経過して現場を経験し、成果を出した社員は管理職に昇格させることを検討しましょう。ただ、管理職に昇格させる前に社員研修に参加してもらうことをおすすめします。その方がやるべきことがわかっていたり、意識を変えられたりなど管理職として良いスタートを切ることができます。 社員研修に参加してもらう時は、目的として高いレベルの知識や技術を身に付けてもらうのを掲げることが大切です。担当する部署が結果を出したり、部下の社員に仕事を教えたりするには自身がレベルアップする必要があります。そのため、管理職になるからこそ以前よりも貪欲に学ぶことが重要ですし、会社に貢献する意識を持って社員研修に参加してもらいましょう。

人材育成のノウハウの習得を目的にしましょう

社員研修に参加してもらう管理職には、人材育成のノウハウ習得を目的に掲げてもらいましょう。担当する部署を運営したり、部下の仕事をチェックしたりなど管理職になった場合はやるべき仕事は多くなります。そんな中でも部下の人材育成を行うのが管理職としての責任です。人材育成が成功すれば部署の業績がアップするだけではなく、自身の評価もアップすることになります。もちろん、会社の成長にも貢献することができるので、社員研修に参加してもらう場合は人材育成のノウハウをしっかりと習得してもらうべきです。社員研修で習得した人材育成のノウハウがきちんと活かされているかどうかを判断するには、部署や社員の業績を定期的に確認しましょう。