グループワーク型の社員研修

グループワーク型の社員研修の内容

グループワークの内容は大きく分けて、作業型のグループワークとプレゼン型のグループワークの二種類があります。作業型のグループワークは与えられた目的の達成のために、みんなで協力しあいながら作業をして、目的を達成するというタイプのものです。例えば、ここにある道具や物を使って、できるだけ高いタワーを作るという課題があります。他にも、生き残るためにいくつかあるアイテムに優先順位をつけて模範解答に近いチームを競うNASAゲームや、脱出ゲームなどのゲーム形式の作業もあります。

プレゼン型のグループワークは与えられた課題についてグループで討論し、その結果についてグラフや表などの資料を作ってまとめて、さらにみんなの前でわかりやすく発表するという形式です。

グループワーク型の社員研修のメリット

グループワーク型の社員研修をするメリットは、コミュニケーション能力を鍛えられるところにあります。チームみんなで一つの目的を達成するためには、仲間同士が連携をとらなくてはなりません。そのため、みんなで作業しているうちに、自然とコミュニケーション能力が磨かれるのです。みんなで作業していると、他人の得意なことや不得意なことが見えてくるのはもちろん、自分が得意なことや、どんなポジションに向いているのかについてもより理解が深まります。チーム内での自分の役目を理解して、能力を最大限に発揮するスキルが磨かれれば、会社で即戦力として活躍できるようになるでしょう。 また他の人の考え方に触れることで、自分の考え方にも多様性が芽生えます。それだけではなく、相手の意見を受け入れる寛容さも身につけることができます。